壁掛けテレビの有効活用法

テレビをより快適に見る、ひとつの方法

テレビの配置。皆さんどのように行っていますか?
今の真ん中においてみたり、寝室で見やすい位置においてみたり。
使い勝手のいい位置にテレビは置かれると思います。実はその使い勝手はまだまだ改善することができるのです。
それは「高さ」の改善です。

テレビの視聴時間は、一回視覚認識でその多くが1時間程度の時間を所有します。
その間私達は同じような姿勢を保持し、認識をテレビに向けるわけですが、この時に視線がまっすぐではなく、首を下に向けるような姿勢やななめな姿勢を取ってしまうと、まっすぐな視線を身ける姿勢よりも筋肉疲労は多くなってしまうのです。テレビを見ている時に姿勢を頻繁に変えてしまう方は、テレビの高さが適正でない傾向です。

しかし、テレビの高さは調整し難いのも事実です。
テレビ台で高さを調整するにも、今更デザインを変えることができるわけでもなく、あくまで収納の機能性を意識して制作するので、テレビ台の規格hそのもの適正位置にないのも事実です。

ただ改善する方法はあります。
実は最近のテレビはディスプレイのみで部屋に取り付けることが可能なつくりなっています。勿論テレビの型に合わせたテレビの壁掛け金具が必用にはなりますが、ほとんどのテレビがこれらの金具が取り付けやすいような作りとなっているのです。

テレビを直接壁に取り付けることができれば、テレビ台も不要で、ほこりなども溜まり難く、部屋の環境をより健康的に保つ事ができるので、
私は新婚の方々は是非試してみてください。